優良出会い系サイトを探そう!! http://aikawaguitartokorozawaekimae.web.fc2.com/

2008年01月25日

オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン |デラニー&ボニー

オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトンオン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン
デラニー&ボニー
イーストウエスト・ジャパン
発売日 1998-06-25




ロックの名盤10 2005-07-14
これ凄いです。南部のリズム、熱気、かっこよさが本当によく出ている。そりゃこれだけ一流どころが集まればかっこいいライヴになるに決まっているけど・・。でもそれだけではなくやっぱり曲が良い。2人のボーカルとエリック・クラプトンのギターも気持ち良いほどに絡み合ってます。こんなソウルフルな熱気のコンサートに行ってみたい!こんな時代の熱気を体感したいと感じさせるアルバム!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]動画
posted by maemae at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

461 Ocean Boulevard |Eric Clapton

461 Ocean Boulevard461 Ocean Boulevard
Eric Clapton
Polydor
発売日 2004-11-09




全体的にゆったりとした雰囲気ながら、名曲が揃った初期の代表作 2007-05-19
ソロとしては第二作目。キャリアで最高の出来と言える、充実した楽曲と異常なほどの緊張感がみなぎっていたデレク・アンド・ドミノスの次の作品に当るのですが、それに反比例するかのようなリラックスした雰囲気の演奏が聞かれるアルバムです。しかしながら曲はかなり良い曲が揃っていますし、テンションの高い演奏を求めると少々違いますが、演奏そのものも良く、アルバムの出来も文句の付けようもない代表作の一つと言えるものに仕上がっています。このアルバムで、毎度語られるは、ボブ・マーリーの I shot The Sheriff のカヴァーですが、このレゲエの持ったリラックス感のようなものをアルバム全体で通したような感じになっていますので、この曲がアルバムのキー曲になっているのは間違いないでしょう。名曲中の名曲、Let it Grow は、ジョン・レノンのようなコード進行が印象的な曲。これはデレク・・をちょっと引きずっている印象です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by maemae at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリック・クラプトン・ソロ |エリック・クラプトン

エリック・クラプトン・ソロエリック・クラプトン・ソロ
エリック・クラプトン
ユニバーサル インターナショナル
発売日 2006-06-21




名曲「レット・イット・レイン」収録 2006-10-31
70年発表、エリック・クラプトンのソロ・デビュー作。

最近ではソロ・アーティストとして有名なクラプトンですが、

ヤードバーズ、クリーム、ブラインド・フェイス等の名バンドを渡り歩いてきた後、

初めてソロとして発表した作品が本作です。

全曲クラプトン本人がリード・ボーカルを取っています。



軽快なリズムが楽しいインスト曲「スランキー」。ホーン・セクションとゴスペル風のコーラスが聴いていて気持ちいい「家から遠く」。

シングル・カットもされたアップ・テンポの「アフター・ミッドナイト」。

アコースティック・ギターのカッティングと、美しいコーラスが聴きモノの「イージー・ナウ」。

ソウルフルなボーカルが印象的な「ブルース・パワー」。のどかな雰囲気の漂う、メロディアスなナンバー「ラヴィン・ユー、ラヴィン・ミー」。

そして、このアルバムの目玉となるのは名曲「レット・イット・レイン」。

美しいギター・リフと入魂のギター・ソロ。ライヴでも定番となっている曲です。

曲名の似た「レット・イット・グロウ」というのもありますが、どちらも名曲です(『461オーシャン・ブールヴァード』収録)。



ちょっと一息入れたいときに聴きたくなるアルバムです。

やはり「レット・イット・レイン」が群を抜いているような気もしますが、

全体的にリラックスして演奏を楽しんでいるのが伝わってきます。

そのため、クリームのようなへヴィなサウンドはここにはありませんが、

後の名盤『461オーシャン・ブールヴァード』や『スロー・ハンド』へと繋がる音楽性を見せます。

デラックス・エディションも出ているので、お金に余裕のある方はそちらもどうぞ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by maemae at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SAD IN BOSSA |オムニバス

SAD IN BOSSASAD IN BOSSA
オムニバス
UNIVERSAL MUSIC K.K(P)(M)
発売日 2006-10-25




癒し 2007-03-07
癒しの音楽 眠れる音楽をお求めの方にはお勧めです。

曲も有名な曲ばかりなので、聞きやすいと思われます。

ただ曲によりボーカリストがかわっているのですが

ジャケットを見ても一斉ミュージシャンの情報はありません。

それが私にとっては難でした。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by maemae at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天気雨 |斎藤誠

天気雨天気雨
斎藤誠
AVEX GROUP HOLDINGS.(ADI)(M)
発売日 2007-07-04




いつも聞いていたい音楽 2007-07-08
今日現在ここに存在する、他にかわりのないたったひとつの音楽。夏の日の夕方にこの曲がラジオからきこえてきたら泣いてしまうかもしれません。いつも聞いていたい。


さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]画像
posted by maemae at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Crossroads 2: Live In The Seventies |Eric Clapton

Crossroads 2: Live In The SeventiesCrossroads 2: Live In The Seventies
Eric Clapton
Polydor/Chronicles
発売日 1996-04-02


1988年にリリースされたボックス・セット『クロスローズ』に続く第2弾は、70年代の未発表ライヴ音源を中心とした4枚組。「いとしのレイラ」「ワンダフル・トゥナイト」「コカイン」などのヒット曲、「ランブリン・オン・マイ・マインド」「アイサイト・トゥ・ザ・ブラインド」「ストーミー・マンデイ」といったブルース・スタンダードなど、多角的にクラプトンの魅力を楽しむことができる作品だ。10分を超えるテイクも少なくなく、彼のギターをお腹いっぱい味わいたいファンにとっては、本作はこの上なくオイシイ至福の4時間だろう。(山崎智之)

これさえあれば・・・ 2005-07-29
 クラプトンはその時期によってだいぶサウンドが違います。60年代のクリーム、70年代のドミノスとソロ、そして80年代以降。このボックスセットには70年代のソロの時のライブが、4枚にわたって収録されておりどれも聴き応えのある、素晴らしいライブになっています。
 クリームのライブを期待して買ってしまうと肩透かしを食らうかもしれません。ここでのクラプトンはとてもリラックスして演奏をしているからです。あのような緊張はここにはありません。
 しかしこのボックスセットの中にはクラプトンが自分の思うままにブルースを探求し、楽しんでいる演奏が4時間にわたって収録されています。収録曲の半分以上がブルースです。
 冒頭で述べたようにクラプトンは時期によってサウンドがだいぶ違うので、これがクラプトンの全て、とは言いませんがこれさえあれば、70年代に脂の乗りきった、ブルースを思い切り演奏するクラプトンの魅力が十分に味わえると私は確信しています。収録曲にあまり彼のヒット曲がないのでやや躊躇される方もいるかもしれませんが、これは「買い」です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by maemae at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bluesbreakers with Eric Clapton |John Mayall & the Blues Breakers

Bluesbreakers with Eric ClaptonBluesbreakers with Eric Clapton
John Mayall & the Blues Breakers
Uptown/Universal
発売日 2001-06-05




クラプトンの名演奏が聴ける 2005-12-07
とにかくソロは、クラプトンの演奏の中で抜群の出来ばかりだと思う。

一番乗っていたときではないでしょうか?

このアルバムは、ブルースファンには、たまらない1枚でしょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]楽天
posted by maemae at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Riding with the King |Eric Clapton & B.B. King

Riding with the KingRiding with the King
Eric Clapton & B.B. King
Reprise
発売日 2000-06-13


エリック・クラプトンとB.B.キングがはじめて2人でレコーディングしたのは、キングの1997年のアルバム『Deuces Wild』だった。この経験に気をよくした2人は再度の共演を決心した。それからほどなく、クラプトンはアメリカのTV番組への出演時に、残された夢のひとつはB.B.キングとフルアルバムを制作することだと公言した。『Pilgrim』の大成功に大きく貢献したプロデューサーのサイモン・クライミーを誘いこんだ2人は、ロサンジェルスに腰をすえた。そして「Ten Long Years」、「Three O'Clock Blues」、「Help The Poor」、「Days Of Old」を含むキングのクラシック・ナンバーの数々に再び息を吹き込み新たな解釈を加える作業に手をつけた。
さらに、さまざまなオールディーズにも取り組み、サム&デイブの「Hold On I'm Coming」にはテンポを落とした上でブルース的な解釈を加え、ジョン・ハイアッツの「Riding With The King」を小粋なカバー曲に仕上げた。2人は1946年のジョニー・マーサー作詞ハロルド・アーロン作曲の「Come Rain Or Come Shine」にまで手を延ばし、30年代のビッグ・ビル・ブルーンジーのナンバーをよみがえらせた「Keys To The Highway」では、2人の味わい深いアコースティックギターのかけあいが歓喜を醸し出している。
本作を通してクライミーは見事なまでにシンプルな音作りに徹し、ステレオチャンネルの片側でキングのボーカルとギターを、もう片側でクラプトンの音を録音した。この方法のおかげで生き生きとした親密感が生まれ、まるで2人が小部屋で向かい合って演奏しているように聴こえる。(Johnny Black, Amazon.co.uk)

なかなかのジョイント・アルバム 2007-07-28
00年発表のB.B. KING とクラプトンの競演アルバム。クラプトンの趣味路線のアルバムと言えるが、内容は文句なし。笑顔で映った2人のジャケットだけでも素晴らしいが、タイトル曲がジョン・ハイアットの名曲で、ちょっとした捻りになっているのが微笑ましくもあり、嬉しくもあったり。はっきり言ってブルースそのもののアルバムで大半はB.B. KING の代表曲や古典曲などでまとめられおり、録音も演奏もよいのでブルースの入門用に最適。クラプトンを中心に聞いていると彼のヴォーカルはそれほど悪いと思わないが、御大のヴォーカルが入るとその差は歴然。やっぱり本物は凄いと再確認出来るはず。近年の甘過ぎるクラプトンにうんざりの人には特にお薦め。11.のギターの掛け合いはかなりいけます。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by maemae at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
相互リンク募集 アクセスアップ SEO対策
おすすめサイト、リンク集51
自動メール配信,web予約システム,予約管理システム
素材などホームページ作成支援
金儲け、お金稼ぎ、ビジネス、お小遣い、在宅
履歴書 書き方・志望動機なら
クレジットカードお得ランキング
キャッシング比較・申込なら
ETCカード比較・おすすめ・人気なら
自動車保険 見積り・比較なら
FXスプレッド・手数料 比較なら
英会話教室
プーリップ カスタムプーリップ プーリップの服
バイアグラのITSサプリ
SEO対策
スイーツ チーズケーキ
広島 賃貸 不動産
レオパレス
       RICHリッチ/グレースコンチネンタルショップDIVA
レオパレス
岩盤浴 岩だーら
皐月形成クリニック
三国志 ゲーム 無料ゲーム 素材 フリー素材
家事代行
イノセント恵比寿
情報灯台のテーマ若さと健康
広島 賃貸
カードローン比較の『カードローン ガイド』
稼ぐ、儲かる
気功
クレジットカード比較、申し込み
ダイエット
占い、心理テスト
ネクタイ専門店JJKK
恋の音楽
yanonのプーケットお役立ち情報
Phuket and THE CHEDI
phuketlovers
中古パソコン リサイクルパソ
就活支援団体ジョブリンピック
えびすや本舗
ピコピコ日記
勇魚のセカンドハウス
香里奈画像、動画
MUMBLES マンブルズ
篤姫、NHK大河ドラマ
ハンドメイドミノーMay
出口智也
月収100万サクサク稼ぐ極意
情報商材研究評価サイト
日本酒とキムチの浜田屋
Alice Vanilla Rose
ファッション通販データ
オンラインゲーム遊びガイド
無料オンラインゲームガイド
稼ぐのが楽になるビジネス
同棲を成功させたいステップガイド
ブルガリショップ
恋をしましょう!!
完璧じゃなくて『ぽんちぇき』
携帯画像 MobiCat
ウェルカムボードを低価格で
身近な建築人
もみほぐし屋
ズバリ経営戦略立案ブログ
夢五島「五つの夢がかなう島」
ライブドアブロググルメライフ
アメックスブラックカード取得
モデリート・ビューティ通販
釣り命!!
プリザーブドフラワーレガロ
自動おしぼり機専門サイト
アニメの感想 二次元日和
無料オンラインゲーム
石垣島ダイビングSPLASHCLUB
不動産・投資・金融大百科
できるオヤジの生活術
ニュース速報ナビ
レーシック 失敗しない基礎ガイド
イケア(ikea)
無印良品
アルフレックス
大塚家具

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。